ふたばの芽~あっかんべーってしてろし

20160123-1
私が働きはじめた頃、母は46歳でした。私は、嫌な事があると、母に電話をしました。母は、
「向こうが駄目じゃん。そんなことじゃ困るじゃん。トイレに入ってあっかんべーってしてろし。」
いつも、みかたをしてくれました。いつもは、嫌だなと思っていた方言ですが、悩んでいる時は、暖かく感じられました。

観音様に見えるかな?

観音様に見えるかな?

私が高校生を卒業するまで母は厳しかったです。そんな母も、今は、72歳になりました。私は、嫌な事があっても電話をしなくなりました。心配をかけたくないからです。
景色を見て、観音様と思う機会が増えました。母の励ましの言葉を思い出す事も増えました。

この写真は、私が撮影したものではありません。でもどうしてもみなさんにお見せしたくて、撮影者さんにお願いしました。

(和音)

ふたばの芽~あっかんべーってしてろし” への2件のコメント

  1. とてもきれいな、きれいな写真。静かにじっと、ぼんやりと、いつまでも見ていたくなる一時を切り取った写真。
    あっかんべーして自分を守るのです。トイレは自分だけの空間。一人の空間。それを味方に。
    背を支えてくれるお母さんは偉大ですね。

  2. 観音様に見立てたとは、  すごい感性の持ち主だ。
    湖面にうつった対称の画面。縦にすると  あらあらふしぎ。
    観音さんだ。観音。
    人生もそうだ。 見方を変えよう。見方を変えよう。
    すべてが良くなる。
    エジソンが言っている。失敗は次なる行動の糧だ。見方を変えると
    失敗ではない。
    すべてがそうなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)