チャーリーさんのお話を聞く会(居場所)

NPO法人国際フリースクールICANの専務理事チャールズ・ストラットンさんのお話を聞きました。
大学卒業後、何をしてよいかわからず「心のパニック」になった話、来日してATLとして大潟町
中学校に勤務してから現在に至るまでの話。
キーワードは「とりあえず」-とりあえず合う仕事があればやってみる、とりあえず一歩踏み出してみる
・・・・「これはいい加減だけど、力がある言葉なんだよ」が印象的でした。
お話の後は、みんなでレモネードを作りました。甘くて酸っぱくて、とっても美味しかった!

「外へでないとダメなんだ。自分が変わりたいと思った」(参加者談)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)