ソバ打ち

ブルーシートの上で、ソバ打ちです。
講師を除いて、全員が初心者。
そば粉を見ることも触ることも初めて。
打ち粉も、そばで出来ているんです。

ソバの水回しは、丁寧に10本の指を使って。
打ち粉は、さらさらとしています。
生地を延ばして、ソバ包丁で切ってゆく。
包丁は、小さく移動しないと麺が太くなってうどんになります。

ソバ打ちの工程は、山場がいくつもありますね。
最後は茹で方が、おおいに食味に関係します。
蕎麦つゆまでつくれば      完璧ですが市販品に頼りました。

蘊蓄を言いながら、9人でいただきました。
これがいいんですね。
一人で作って1人で食べることほど寂しいことはない。

いよいよ新年。
新年は、繭玉作りから始まります。1月30日味噌の仕込みですよ

本年はお世話になりました。今後ともよろしくお願いします。

年末の大掃除

19日は、年末の大掃除を行いました。
2階の図書室、階段、トイレなど。


昼食会は、手作りケーキ・お稲荷さんです。
青少年育成センターの山崎所長とM君も一緒です。
いつもの短歌鑑賞も行いました。

26日は、少し早いですが、年越しそばを打ちます。
そして食べてしまいます。

食事中は、一人ずつ来年の抱負を語りました。
反時計回りで語るとき、全員の抱負が実現できると念じておりました。
F君は、ヒラリー・ロダム・クリントンの著書を読んでいます。
上下巻900ページです。
オバマ政権の時の国務長官ですね。

久しぶりの餃子パーティー

久しぶりの餃子パーティーです。
餃子だけで、満腹になるんですね。
小麦をこねて、美味しい皮作りから始めます。
なかみは工夫を凝らしたもの、野菜たっぷりですよ。
市販の皮と違って、断然おいしい。

どうしておいしいか。
6人で作って6人で食べるから。
和気あいあいだから。

次回12月19日は大掃除ですよ。
皆さんよろしくね。掃除用具はあります。

遺跡の発掘作業を行っている若者2人

遺跡の発掘作業は、外の仕事なので雨風の日は大変。
今日は、大雨なので、作業無し。
作業に行っている若者2人が、元気塾に来ました。

お昼ご飯を一緒にいただきました。
顔は写しませんが、日焼けしていい男になっています。

12月15日、大屋さん宅でワインパーティーありますよ。
うちの実家 北出丸のホワイトボードに記載があるので、ご覧ください。

歌集を読む

この本は、歌集です。
佐藤 佐太郎「形影」・前田 夕暮「生くる日に」
前 登志夫「縄文紀」を 読んでいます。
もう1冊は、「人生の節目に読む短歌」
人生の一瞬を捉える。
光陰矢の如しを、いかに捉えるかに、一生をかける。
たかが人生されど人生。
たかが短歌されど短歌。
たかが映画されど映画。
いいですね。
「大根がいい塩梅に干されいて たくあんになる日待っているらむ」