旬、絹さや、そして柏餅

20140501-1 20140501-2
20140501-3 20140501-4

雨降りの後、旬を迎える筍。皆さん、どうやって皮を剥きますか?
食材担当のおばさんと若者は、一枚一枚はがすのだと言うのです。理事長から、筍の下ごしらえを教わりました。
おこわ、筍汁を作り、剥いた筍を家主に差し入れました。
すると、若い人の舌に合うようにと、ウインナー入りの酒粕を使った煮物を作ってくれました。こんな食べ方があるなんて、びっくり。

北出丸農園は、絹さやの棚が出来上がりました。
家主が植えた不思議なものがありました。野菜かな?花かな?とみんなで思いをめぐらせました。

高田公園に、柏餅と焙じ茶を持って散歩です。
若者はこしあんを、年よりは粒あんを頂きました。

今日もやはり大忙しの居場所になりました。
明日から、職場の研修に入る若者がいます。
みんなで、マニュアルとパンフレットを見ました。
次は、北出丸の看板を作ってあげたいなと。提案がありました。楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)