それぞれの夏

20140828
今日のお昼は、理事長の手料理でした。
かぼちゃの煮物と豆腐料理です。
ごま油、塩、こしょうをしたお豆腐をゆっくり火にかけます。ネギを入れて出来上がりです。

どんな通信を発行したら、居場所を沢山の人に知ってもらえるのか?
人の心に染み入る文章とは?
日常と自分の思いを表現している素直な文章がいいのでは?と。
くびきのサポートセンターの記者さんを交えて話をしました。

また、次の目標をフリーマーケットにしぼって、オリジナル作品づくりに挑戦中の女性もいます。
長時間の作業ができる事は、素晴らしいです。
NPOの仕事をお手伝いして頂いている時は、自分の仕事にどの位の価値があるのか、頑張りと、それに伴う苦労に値段をつけてもらっています。

ホテルマンをしている方は、夏はとても忙しいそうです。
下肢の痛みに薬を使いながら、この季節を乗り越えました。
「頑張ったんだよ」の一言が印象的でした。

皆が過ごしたたった一度しかないかけがえのない夏に、着実に足跡を残した気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)