安塚のイベントで手作りアクセサリーを販売

DSC_0204

元気塾の若者です。前回の中郷のお祭りに続き、安塚のイベントに参加して来ました!
安塚ではヤナギバヒマワリという花が見頃を迎え、10月11日からの3連休には地元の物産品を販売する屋台も開かれました。

私は3日間あるうちの12日に参加し、前回と同じく手作りアクセサリーを販売して来ました。

DSC_0207

今までの経験を活かし、頑張って接客するぞ!と意気込んでいたのですが、いざお客さんが来ると緊張して何を話したらいいのかわかりません横を見れば仲間のMさんはお客さんと楽しそうに会話しています。さすがです。少しへこみましたが、目の前に広がるヤナギバヒマワリに元気をもらいました。

午前中には元気塾の職員さんが見にきてくれました。ちなみに同日、くびき野100キロマラソンが行われており、これに理事長が出場していました。その応援も兼ねているそうです。

アクセサリーは、前回人気だったものは売れず、逆にあまり売れなかったストラップが今回人気でした。
場所やイベントによって売れるものが全然違うようです。

楽しかったのはもちろん、色々な事に気付き、学んだ一日となり、またひとつ思い出が増えました。

安塚のイベントで手作りアクセサリーを販売” への1件のコメント

  1.  安塚のイベントでは以前と違ったものが売れたんですね。なぜだろうかね?。そんなことを考えてみることが人間を知る手掛かりになるんじゃないかなあ! 人は一人じゃ生きられないし、自分の力には限界がある。だから人に手伝ってもらわないと何ごとも前に進まないんだね。売る人は買う人が買ってくれることが手伝いになって目的を達成するけど、逆に買いたい人は売ってくれる人が売ってくれてこそ買うという目的が達成するんだね。考えてみれば売る人も買う人もお互いが相手を必要としているんだ。それはお互いが相手の手伝いをしているし、同時に手伝いをしてもらっているということもできるね。そうして考えてみると自分のためになることが同時に相手を幸せにするようなとき、巡り巡って自分も幸せになれるんだよ。貴方が安塚のイベントに参加してとても楽しかったのはそういうことに手ごたえを感じたからだと思うよ。常に明るく温かく生きていきたいね。ところで理事長さんの100kmウルトラマラソンの結果はどうだったのかな? それも聞いてみる必要があるね。人にたくさん興味をもって、良いところ探しをして暮らしましょう。明るく生きるということはそういうことだと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)