繭玉作り

1月17日は繭玉を作って飾りました。
15名の参加がありました。
もち米を搗いて団子をミズキに飾りました。

繭玉は繭団子,メーダマなどとも呼ばれる。ヤナギ,ミズキ,エノキなどの枝に
繭の形に作った餅(もち)や団子をたくさんつけたもの。
中部地方から関東,東北にみられ,養蚕の安全を祈って小正月に飾る所が多い。
終わるとアズキと煮たり,どんど(左義長)の火であぶって食べる。

国際フリースクールI(あい)キャンからも大勢の参加ありました。
飾ったあとは、15名で食事です。
それぞれ、今年の抱負などを発表しました。
次回は味噌作り。日時は未定ですよ。

繭玉作り” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)