歌集を読む

この本は、歌集です。
佐藤 佐太郎「形影」・前田 夕暮「生くる日に」
前 登志夫「縄文紀」を 読んでいます。
もう1冊は、「人生の節目に読む短歌」
人生の一瞬を捉える。
光陰矢の如しを、いかに捉えるかに、一生をかける。
たかが人生されど人生。
たかが短歌されど短歌。
たかが映画されど映画。
いいですね。
「大根がいい塩梅に干されいて たくあんになる日待っているらむ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)