桑取道を行く

 
 

休日ともなれば、他県からも多くの人が訪れる春日山。山城跡の直江屋敷付近から桑取地域へと続く山道を知っている方は地元民でも少ないのではないでしょうか。
今回は、山道の途中にある城ヶ峰砦跡をめざしてトレッキング。上杉謙信の時代には春日山から延びる軍道として利用されたそうです。途中、倒木が道をふさいでいる箇所が数カ所ありました。これはこれで、整備された道より山の雰囲気が出ていいですね。こまめに休憩をとりながら砦跡に到着!正善寺川ダムを眼下にしばし休息。反対側は桑取集落と名立方面の海が見渡せます。みんなかなり疲れた様子でしたが、体力を回復してからもうひと踏ん張りと、復路を歩き続けました。

所要時間約4時間、走破距離8kmです!しかも山道ですからね。これはたいしたものですよ。元気塾体力づくり活動の中でも、相当過酷な部類になったのではないでしょうか。完走者には女性もいたんですよ。

「途中、もう無理かと思いましたけど、できました」とのコメント。

そう、頭の中に”無理””無理”との思いが押し寄せてきても「やってみたら、なんとかなった」ということって結構あるんですよね。
参加者のみなさま、おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)