大掃除

昨日は、予定どうりの大掃除。みんな来ないかな?とりあえずお茶でも頂いて待ちました。しばらくしてみんなが集まりました。
「私はどこをしたらいいですか?」一人一人がお掃除リーダに声をかけます。自分ですすんで行ったお掃除ですから、何だかとても楽しそうな表情をしていました。理事長はお掃除が苦手ですが、みんなにつられて頑張っていました。

20160202-5

本日のお昼は、家主の奥さまが作ってくれました。ミートローフ、洋風ちらし寿司、から揚げ、から揚げ、ありがとうございました。

今日はスタッフお休み

11月24日の居場所は、スタッフはお休みを頂きました。某理事が頑張ってくれていますので、安心です。若者達だけの居場所は、家主の奥さまから頂いた玉子、お肉を使って、このような栄養バランスの良い昼食となったようです。

来週の北出丸の大掃除の役割分担もしたようです。

12月1日は、大掃除です。雑巾を一枚持参して下さい。

自家栽培の茸を味わう

若者がこまうちをした3種類の茸は、ひらたけ、栗たけ、なめこでした。
今年は収穫できないだろうと思っていました。
家主さんから頂いて、若者が収穫しました。自家栽培の茸に少し不安です。
「あたらないかな?毒キノコだったら?」
そんな言葉が聞かれました。私も同様でした。
しかし、2月に作成した元気塾の手前味噌を入れて、はじめてのなめこ汁を作りました。「美味しい」、しゃきしゃきした食感を味わいました。

マイクロ文化祭の片付けをしました。マフラー、帽子は、売却ほぼ決定。ゼンタングルは、展示予定の飲食店へ持って行きました。
人の手へ渡る事、人の眼に伝わること、その事が次の製作意欲になるんですね。

本日から始まったマイクロ文化祭

本日から始まったマイクロ文化祭、実行委員のM理事が、広告を作成し、北出丸の玄関にウェルカムボードがあります。4人の作品展示で始まりました。それぞれの作品が何かをしっかりと伝えている気がします。自分のためにはじめた作品作り、ひとりひとりに大切な思いがあるんですよ。

若者たちは、居場所からほんの少し外に出始めています。新しい職場での慣らし体験、就職活動などです。
作品の販売などもすすんでいます。

居場所で仲間を作り、刺激を受けたり、再び悩んだりしながら力をつけて来たのですね。仲間と出逢うそこからどんな変化がみられたのでしょう。

 

午後からは朝顔のつるの片付けをしました。作業には自然とみんなが集まりました。

今後大掃除が終わったら、クリスマスと来年を迎える準備をしましょう。

茸が出ました

茸が出ました

今年の春先のしいたけのこまうち、そこから茸が出ましたよ。

板倉くろぼんちで作業、そして美味しい自家製パンでランチ

img_20161027_1

今日は、若者達が作成したブルーベリーの鳥避けネットが畑を覆う事ができるサイズになっているかを確かめに行きました。

くろぼんちの玄関前の整備もしました。敷地内の石を移動し、道を作りました。「眼に見えるものは、達成感があって嬉しいね」とMさんが言いました。

鳥避けネット、石の道も少し苦労をしました。完成した姿を見ると何だか気分爽快です。

img_20161027_5

くろぼんちのピザ釜で昼食用のバターロールを焼きました。パンを焼くには最高の釜です。

【お知らせ】
◯11月3日は居場所はお休みです。北出丸は利用可能。
◯11月10日(木)マイクロ文化祭です。展示作品を持参してください。

サンドウィッチも奥が深い・・

20161021-2

昨日は、サンドウィッチを久しぶりにみんなでしました。
簡単そうに見えて難しいのです。
パンの耳を切るか?惧材を余らせずにパンに挟むには?
ここで活動するのは週一回。家庭のように次の日に余った材料を使おう!はできません。

20161021-1

本日、『子供若者育成支援のための連携推進事業.関東甲信越ブロック研修会』に参加しました。そのなかで、子供や若者の居場所を誰にも攻撃されない安全な場所とすること、それを地域でつくることが大切であると参加者が共通の考えを持っていました。
若者達も家主ご夫婦もそれを実践してくださるので、とても嬉しいです。

久しぶりの餃子作り

昨日は、仲間との交流のために、久しぶりの餃子作りです。
皮を粉っぽさがなくなるまでこねる。8センチほどの円に綿棒で伸ばす。粉を十分につけてくっつかないようにする。皮ができる頃に、餃子の惧を完成させる。包んで一気に焼き上げて、暖かいうちにいただく。
どこかの過程に参加して作業が繋がるように協力することさらに、自分が楽しくなれば成功です。

みなさん今日の餃子作りはどうでしたか?

理事長が走る!!

10月9日は、くびき100キロマラソンでした。

理事長は完走できたのか?
元気で居るのか?

みなさんが多分気になっているでしょう。出発場所では北出丸家主、清里では会員さん、柿崎では理事がそれぞれ応援していましたが、その後は誰もわからないのです。でも残り15キロ時点でこの笑顔です。

体育の日前日に雨、大会も雨でしたね。 「みんなでランナーを応援しましょう」という上越市の呼び掛けがありましたよ。

ゼンダングルをご存じ?

20161006-2

ゼンダングルをご存じですか?私は全く知らなかったのですが、細いペンで幾何学的模様を組み合わせて絵を描く、それが無心になれたり、瞑想の役割を果たすというのです。
北出丸の2階で、若者達のマイクロ文化祭をしようと企画がありました。若者が1ヶ月をかけて作品を作ったのです。
皆がはじめて見たゼンダングル、画廊へ持って行き、額とマットをつけてもらいました。マイクロ文化祭が終わったら、上越市の某お店に展示してもらえることになりました。

編み物、ゼンダングル、筆字数、パステルアート、プラ板アクセサリーなど、皆が文化祭に向けて準備中です。11月の予定です。

20161006-1

理事長さんがいるかな図書室のパンフレットの印刷をしてくれました。若者が折りを手伝いました。午後からは、若者達の座談とブルーベリーの鳥避け網の作業でした。

【お知らせ】
マイクロ文化祭展示作品募集中。
10月13日(木)お昼は餃子作りです。

板倉くろぼんちの鳥避けネットをチェック

20160929-1

板倉くろぼんちの鳥避けネットうまく繋がっているのか、みんなで広げました。一ヶ所なおす場所があり若者達は、作業をしています。ここでは広げる事が出来ない位、大きな網になっています。

某理事は、コンサルティング会社の社長さんの講話のお話を聞いたそうです。ハローワークの求人では、100%自分に合う仕事はないのだから、その事を考慮しながら、就職活動をする必要があると講話のお話をしてくれました。
こちらの理事さんは要約の天才です。

この間の日曜日に『妥協点P』という演劇を若者達と見に行きました。
人と自分の考えが違うとき、どちらかが折れるのではなく、新しい未来を作る事が必要であるという難しいテーマでした。

現代演劇は、様々な感想を観覧者にわかせるように演じる必要があると劇団の方がおっしゃっていました。だから若者達と私の感想も全く違うのでしょう。
私が印象に残ったのは、「自分の考えを曲げなくても、それでも同じテーブルで食事をしなくてはならないんだよ。一人の食事は寂しいよ」という台詞でした。

20160929-2