若者達が開く『特設演劇部』

20160128

昨年から、たびたび若者達が開く『特設演劇部』、今日も、始まりました。いくつかの演劇台本を若者が持って来てくれるんです。

「脚本を読んでみませんか」とすすめられます。

脚本は、名前と話言葉(セリフ)、情景が書かれています。読みなれないので少し戸惑いますが、内容が凝縮されていて、演じなくても物語をひとつ短時間で知ることができるのです。
大きな声を出してみるとストレス発散になるそうです。

運がよければ、脚本に触れる事が出来るかもしれません。
若者に出会えれば。子供、お年寄り、女性、男性まで一人で演じられるんですよ。

若者達が開く『特設演劇部』” への2件のコメント

  1. 演劇は二回しか見たことがないけれど、大きな声を出す。全く別の人になる。だけどやはり自分らしさが出てくる。その混じった感じゆえにスカッとするのかな?それもまたいいなあ。

  2. 演劇を 披露する場所をかんがえよう。
    披露するという 目的を持とう。
    目的があれば  頑張る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)