色の話とコラージュ

  

カラーアドバイザーの飯塚むつ子さんをお迎えして、色にまつわるお話とコラージュ(切り貼り)をしました。
写真(中央)の上下二つのNewtonの文字を見てください。写真の距離で見ると、どう見ても赤系の色は違う色にみえますね。
でもこれ、実は上にある赤紙と同じ色なのです。近づくと同じ色だとわかります。(近接写真を撮り忘れてしまいました。。。)
目の錯覚が作り出す現象なんだそうです。(不思議な画の例を載せときます。クリックして見てください。)

コラージュ(切り貼り)では、雑誌や広告などを、深く考えずに切り取って画用紙にどんどん貼り付けます。
完成したら、各自が見せ合って、貼り付けた素材の選択理由について説明しました。
あまり考えずに貼り付けたものですが、説明を聞くと、普段の会話中ではうかがい知ることができない、その人の深層心理が現れているようで面白かったです。

こうした物事を深く考えないでする作業は、ストレス発散の効果もあるそうで、インプットしたもの(日常の生活の中で抱え込んだもの)をアウトプット(発散)する場を設けることが大切だと、飯塚さんはおっしゃっていました。

・難しい話でなくてよかった。
・自分の職場の人にもやらせてみたい。
・虹をイメージとして貼り、願い事を書きました。
・いつのまにか自分の好きなものを貼っていた。
・初めての体験でおもしろかった。
・一人ではやる気がおきなかったけど、皆とやると楽しかった。

飯塚さんのお話の後、折鶴をつなげて、千羽鶴にする作業をしました。
残って作業をしてくれる人達が結構いましたが、時間となってしまい
終わらなかったので、次回以降また行います。完成談はまた後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)